20090419JC2回戦

  • Dsc_0468
    初の公式戦。2回戦にきました。 はたして1回戦はマグレだったのか。

20090412初公式戦

  • Source_dsc_0403
    ついに始まった公式戦。 さてどうなったのやら

20090329Fighters

  • Dsc_0281_r
    新チーム2試合目。 なんと、初勝利なり~。

20090329Wins

  • Dsc_0249_r
    記念すべき新Cチームの初試合。 Daikiは1年生最後の野球の日。 この試合、Daikiにとっても初先発です。
Powered by Six Apart

野球 Feed

2009年7月14日 (火)

気を取り直してみた

どもども。

長い間、放置してしまいました。
前回0対9で大敗してへこんでいたんですが、その後の2試合は人に言えないくらい恥ずかしい試合でして…
なんと、0対17、1対14と大量失点のオンパレードだったのです。
内容的にも最悪で、相手チームはダイヤモンドをぐるぐるとリレーをしているかのごとく回っていました。
さすがに選手たちも落ち込んでいましたが、だからと言って練習するわけでもなく。。。

まぁ、まだ低学年ですからね。これからこれから、と気を取り直してみました。

blogを更新する気になったのは、また調子が上がってきたからです(笑)

連敗を4で止め、そこから2連勝です。
そしてそのうち一つは、Cチーム初のリーグ戦。
今回はちょっと期待しています。
いけそうな気がしてるんです。
そのためにはDaikiが打たなくては。。。

ようし、久々に朝連するか~~~!!!

2009年5月11日 (月)

強くなりたい

公式戦に負けて2週間ほど経ちました。

我がCチームの選手たちは負けた悔しさなんて忘れてしまって、
「自分たちは野球が上手い」と思ってしまったように感じます。

だって、練習しないんやもん。
怖いコーチがいると頑張れるみたいやけどw

そこで、何とかしようと練習試合を組んでくれました。

相手はお隣の市の強豪チーム。
なんとKingsのOBの方が監督をしているそうです。

このチームすごいです。
強いです。
バンバン打ちます。
選手全員が勝ちに来ています。
勝つために何をするべきかが分かっているんでしょうね。
打撃も守備も走塁も全て全力。
集中力も全く切らさない。

どう指導すればこうなるのでしょうか。

なんかね、もう試合の事は書けないですよ。
だって結果は9対0の大敗やし、
それにうちのヒットはたった1本、塁に出れたのは2人だけ。
しかも2塁を踏めたのは盗塁成功したDaikiだけです。

Daikiは2打席2四球1盗塁でした。
守備での良かった点は併殺1回、
それとファースト横へのファールフライを飛び込んでキャッチしたことでしょうか。
Daiki個人なら、エラーもなかったし声も良く出していたし、文句はありませんね。

この大敗をきっかけに練習に励んでほしいのですが、
うちのチームはなぜ反省会をしないのでしょうね。
何が悪かったか教えてあげないと進化しないのにね。
良くない点を見つけ、対策を練って、練習して、やっと克服できるのに。。。
これは選手個人個人でできることではないですよね、まだ小学生なんやし。
僕がコーチになったら反省会は毎試合後必ずやろうと思います。
ま、コーチにはならないけど。。。

2009年4月27日 (月)

3回戦

昨日、我がCチームの初公式戦3回戦がありました。

相手チームについていろいろ調べてみたところ、とても強いチームだとわかりました。
ここで勝てば本物、「優勝だって考えられる」と少し頭をよぎりました。
でも、優勝はあり得ないな。
そんなに甘くないと。。。

そして当日。

朝から寒い。
寒いなんてもんじゃない。
雨は降るし、風強いし。。。
可哀想やけど、条件は相手も同じ。

会場の都合で試合前の練習もほとんどできません。
それを良いことに公園で遊び始める子までいました。
まったく、、、何しに来てんだと。。。

前の試合が終わった途端、相手チームは素早くベンチに入り、
誰もがグローブを持って外野でキャッチボールを開始。
しかも、みんな足動かしながら。。。

さすがやな、試合慣れしてる。
いや、それ以上にチームとして規律が守られている。


ん?ちょっと待てよ。
僕の少年野球のイメージは正にこれ。

で、自チームを見てみると、、、、

ジャンバー着たままキャッチボール。
誰も足動いてないし、後ろに逸らしてばっかりやし。。。

試合開始時も、モタモタもたもた。
相手チームはニヤニヤしながらこっちを見て掛け声を出しています。
25人分くらいの声の大きさなので実際に数えてみたら、なんと13人。
うちより2人多いだけやん。
少しは見習えよ、いい加減。

まぁ、いい。
今日はコテンパンにやられてしまえ。
20対0ぐらいで負ければいい。

そして試合開始。
メンバーは前回と同じ、Ryoが先発ピッチャーです。

やっぱ強いチームでした。
でもその強いチームと互角に戦っています。Dsc_0498

なんと1回終了時点で3対1で2点リード。
2回表にこっちのエラーで3失点、逆転されました。

ここまでか、、、と思いながらも2回裏は打順は1番から。
1回裏と同じことをすればまた逆転できる。

1点取って追いついたところで試合開始から50分経過。
もう一点取ればここで試合終了です。
しかも得点圏にランナーはいる。
あと1発、あと1発出ればベスト8進出です。

こういった状況の時に強いチームと弱いチームの差が出ますよね。
人数も多く普段からポジション争いがあるチームでは代打が出せます。
ベンチにいた子を代打で使えば120%の力を出すことも多い。
しかも代打でサヨナラ勝ちなんてなったらチームの雰囲気なんかも良くなったりして1石4鳥ぐらいにw

でもうちに代打はいません。
控えに2人残ってますが、まだ入団して2、3ヵ月ぐらいじゃないかな。

でもE-DaiもSyuも2回戦でドカンと打ってるし、Junはバットに当てるのはDaikiより上手い。
ここはなんとしても打ってもらいたいと。。。

でも出なかった。
試合前からそうだったんですけど、心が負けています。
相手は勝つ気で来ています。
ここ一番で弱気になりません。
むしろかなりの力を発揮していると思います。

それに引き替えうちの選手たちは弱気。
そして集中力が無い。
回を重ねるごとに失点は増え、状況が悪くなるとエラーが増える。

そして、2回裏は同点で終わり、3回表はこれまたエラーが重なり4失点。
最終の3回裏は3者凡退。

負けました。完敗。

でも、また一つ気づきました。
コイツら野球上手いと。。。

そして、必要なものは勝ちにいく強い気持ちと、そのための日々の努力、姿勢。

これがあればイイトコ行けんじゃないの?(甘いけど)

一番難しいところかも知れんけどね。
ま、がんばれよ。一緒にやってやるからさ。

Ssctaiyo






<Daikiの成績>
 ・打席:2
 ・打数:1
 ・安打:1
 ・犠打:1

今回の失点のほとんどが1塁への悪送球です。
Daikiが捕ってたら勝ってたでしょうね。
でも僕にも捕れない球ですけど。

バッセン

「ヒットが打てない」と、2回戦で泣いたDaiki。

それを聞いた親バカな僕、先週は仕事を早く終わらせ急いで帰宅し
Daikiとバッティングセンターに行きました。

少しフォームを修正するとすぐに打球が前に飛ぶようになりました。
他のお客さんが「あの小さな体でよく打ち返せるな~」と言ってくれるほど
よく振れていたと思います。

でも、一晩寝ると元に戻っちゃうのよね~、子供って。
そして「ここをこうしてたやろ」と教えてあげても、余計にひどくなってしまいます。
ここでいつもイライラしてしまって、Daikiにきつく当たることも多く、その後いつも後悔しています。

まだ小2ですからね、焦らなくていいんですけどね。
Daikiの事に関してはどうしても必死になってしまうんです。


3回戦前日の土曜日は、雨のためチーム練習が中止になりました。
雨であまりにも退屈だったので、やっぱりバッティングセンターに行ってしまいました。

それにしてもバッティングセンターは楽しい。
最近(僕が)打てるようになってきたから特に楽しい。
大の苦手だったんですけどね、Daikiのおかげやな。

で、とうとう出たんです、ホームラン。

残念ながら、打ったのは僕ですけどw
Photo

2009年4月22日 (水)

2回戦

こんにちは。

日曜日は我がサムライCの2回戦でした。

相手は我がチームの代表さんのお孫さんがキャッチャーを務めるチームです。
ってことで、当然ながら前情報があるんですよ。
なんと、人数がギリギリとのこと。
じゃあ、ポジション争いもないハズやし、あんまり強くないのかと思ってました。

しかーし、試合前のピッチング練習を見てびっくり。

「速ぇーーー!しかも左投げやん!」

大丈夫かな。。。

しかも、こっちのピッチャー、なんか調子悪いみたいで
試合開始10分前にバッテリー入れ替えて試合に挑みました。

うちは今回も後攻。

今日のピッチャーはRyo。
うん、絶好調。
少年野球でこんなに三振するもんかと思うほど、ビシバシ三振を獲ります。

あっという間に1回の表が終わり、我がチームの攻撃になりました。

それにしても相手ピッチャー、球が速い。

Dsc_0427 1番、2番ともにあえなく三振。

(2番はDaiki)

3番Ryoがフォアボール(だったと思う)で塁には出るが、結局得点ならず。
(4番は打ったっけ?)
とにかく試合の進行が早い、これが投手戦ってやつか。。。
2回の表も難なく抑え、次の我がチーム攻撃の時、試合が動きました。

どうやって出たのか忘れましたが、ワンアウト満塁。
緊張した場面で打順はDaiki。
応援に来ていたお母さん方は「頼むで~、Daiki~~~!」

息子よ、打ってくれ!

もうね、神にも祈る気分でしたよ。Dsc_0443


こっちまで緊張しちゃってボールカウントなんて全く覚えてない。
何球目か忘れたけど、

カキンッ!

とりあえずバットには当てた。

高く上がった球は、一瞬「オォッ!」と思わせたものの2塁手が下がりながらキャッチ。
そしてすかさず1塁へ送球!
1塁ランナーはあわててベースに戻ろうとする。。。

っ!!!!!

球が逸れたぁ!走れ走れぇぇぇぇぇっっ!!!!!!!

やた!2点先制だ!!!
盛り上がるベンチ、なぜか浮かない表情のDaiki。。。

そして次の回、また試合は動く。。。
相手の攻撃、ランナー2,3塁。

ピッチャーゴロで1塁へ送球。
やっぱりランナーは走った。

1塁はバッチリアウト。そしてバックホーム。

Daikiもそれを狙っていたようで、タイミング的には完璧。

 

しかし、これが暴投。
グランドから出て行っちゃった。

野手からの送球だったってことで2ベースです。
つまり2失点、これで同点です。

暴投したDaikiはボーゼンとしています。

ま、親バカ発言ですが、そんなに言うほど暴投じゃないよ。

だってさ、キャッチャー、両手挙げて待ってたし。
Daikiは咄嗟にミット目がけて投げたんやろうね。
そう考えると少し逸れただけやんw
でもこれからはホームベースの右上狙って投げようねwww

で、消沈ムードかと思いきや、

「取り返すぞーーーーー!!!」と。

いいじゃないか、この雰囲気。
どうしたの、お前たち?
いつからそんなに前向きになったの?

ここでキャプテンがやってくれましたよ。
みんなの期待を背負ってライト前ヒット打って、なんだかんだでホームまで帰った。
Dsc_0450

走塁中、なぜか爆笑が起こってましたけど。

なぜかは書きませんけどw



でもよくやった。涙出そうやった。

そしてこれまた覚えてないんやけど、もう1点追加して3回が終了。

この時点で試合開始から50分以上が経過しており、4回が最終回となりました。

この最終回も無難に抑え、試合終了!
Dsc_0456





なんだかんだで4対2で勝利、2回戦突破!

いや~、勝ったねぇ~。
お前たちやるね~。
Dsc_0465
良い笑顔してるよ。

「ヒット打ちたい」って
一人だけ泣いてるヤツいたけど。




反省点はたくさんあるけど。
試合を見てて思いました。
1戦毎に強くなってる。

でもまだまだ全力出してないよな~。
帰りの車の中でグッタリしてたのはRyoとDaikiだけやったもんな~。



Daikiよ、勝った後に悔し涙見せる姿、父ちゃん感動したぜ。

絶対ホームラン打てるようにしてやるから!
約束するから!

20090419



<Daikiの成績>
 打席:2
 打数:2
 安打:0
 三振:1

2009年4月15日 (水)

初めての公式戦

どもども。

さて、無事初勝利を手に入れた我がサムライCチームですが、
新チーム結成3試合目が初の公式戦となってしまいました。

朝7:30に集合し、開会式の行われる寝屋川公園野球場に行きました。
たくさんのチームが来ていましたが、入場行進は経験済みやし、
今回は参加チームもそれほど多くない(と言っても50チーム以上)から
大丈夫だろうと思っていました。

っが、、、球場を見た途端に皆緊張していましたwDsc_0383_r

だって、外野は天然芝やし、スコアボードは電光やし、両翼91mもあるし、
観客席もちゃんと座席があるし。。。

ははは、でも開会式だけやしなww

と、思ってましたが、なんと決勝戦もこの球場でするようです!

と、まあ、想像を膨らませながら1回戦に挑みました。

相手はトパーズ2さんです!
2チームでエントリーされているようなので"1"と"2"があるみたい。

ってことは、弱い方かな?

と見せかけて、強い方かな?

どっちでも頑張るしかないんですが。。。

で、また緊張のメンバー発表。

僕個人的にこの瞬間が大好きです。
名前が呼ばれた時の子供達の顔が光ってるんですよ。

で、Daikiはと言うと、

2番 ファーストです。

ちなみにバッテリー以外に守備に変更はありませんでしたが、
打順は前回と大きく違いました。

ほほぅ、これが本命か…。

1番 ピッチャー Sato
2番 ファースト Daiki
3番 キャッチャー Ryo
4番 サード Nao
5番 ライト E-Dai
6番 セカンド Sora
7番 センター Syu
8番 ショート Jun
9番 レフト Yohey

あれ?5番以降ちょっと記憶が…。
まあ、いいや。

で、試合開始。
今日は後攻でした。

別にどうってことのない平凡な1回表だったんですが、
親バカの僕は1球ごとにドキドキでした。
でも終わってみたらやっぱりどうってことなかったwww

そして、我がKingsの攻撃。

お、相手のピッチャー、投げ慣れていない?
ほとんどの投球がキャッチャーの頭の上に飛んで行く。

おっと、これはいただきかもw

で、1番Satoはフォアボール。
続いてDaiki。

なんと0-3から2-3になっちゃった。

あと一球ってとこで、オーマイガーっ!!!

Dsc_0398_r 高い高い球に手出しちゃった。

でも、これを3塁手が拾って送球、おっとギリギリのタイミング!

「セーフっ!!!」ってみんなが叫んだ次の瞬間、
ボールは1塁手のグローブをはじいて後方に。

そしてDaikiは2塁へ。(やったー!)

つぎ、3番Ryo。
Ryoはきっちりやる男なので安心して見てられます。
案の定、上手くヒットを打って、既に盗塁で3塁へ行っていたDaikiは生還。

で、次です。4番Nao。
Naoがやってくれました。
カッキーンと鋭い打球は3遊間を破り、ずーーっと向こうまで行っちゃいました。

「まわれーーーーーっっっ!!!!!」てなもんで、

なんとランニングホームラン!

かっこいいやん。。。

もうそこから勢いついちゃって。。。

でもそこから見てないんです。いろいろあって。

結局その回は7得点。Daikiの2打席目は四球でした。

そして2回表は2失点。
その裏は2得点したところで時間切れ。(60分ルールです)

なんと、初公式戦は9対2で勝ちました。

4年生以下の大会なので、1回戦はこんなもんでしょうね。
2回戦からはもっと接戦になるのかな?

今大会はトーナメント、負けると終わりです。
負けなければ毎週試合ができます。
そして、あと4回勝てば優勝です。
2,3年生主体の我がCチームが優勝する程甘くないでしょうが、
夢は大きく果てしなく…。

20090412topaz

<Daikiの成績>
 打席 2
 打数 1
 安打 1
 四球 1

番外編
Dsc_0362_r








2009年4月 1日 (水)

いきなり?

さてさて、敗れはしたものの無事初試合も終わったのですが、、、

と、息をつく暇もなく2試合目が始まります。
相手はかなりの強豪、Fightersさんです。

ちなみに、選手たちは口だけ達者で「16対2で勝つ!」なんて言ってましたけどw

メンバー発表。
バッテリーのピッチとキャッチが入れ替わるだけです。
あ、そうそう。1試合目はエースが一人で最後まで投げ切ったので
この時点で今日はもうDaikiがマウンドに立つことはないだろうと解ってました。

そして試合開始です。
先攻はFightersさん。

さすがです。みんな冷静、試合慣れしています。
我がKingsのピッチャーは、さっきまでキャッチャーをだったので
マウンドに立ってまた緊張しちゃったみたい。
あれよあれよと言ってる間に、1回表は3失点。
でも、凡ミスで失点する割には、ちゃんと野球になっているような気がします。

1回裏はもちろんトップバッターDaikiからの攻撃。
Daikiはボテボテのゴロ、キャッチャーが掴んで送球。

Dsc_0259_r_3

え?セーフ?Daiki速えぇ!

てなもんで、塁に出て、盗塁したりなんやかんやで1得点。
1回裏はこの1点だけ。


そしてドラマが起こりました。



2回表、ノーアウト、ランナー2,3塁(だったと思う)。

ピッチャーゴロで3塁ランナー走らなかったので、1塁送球。
その瞬間、3塁ランナーはホームへ猛ダッシュ!
「あ~、追加点か~」

と誰もが思った時、Dsc_0271_r_2

しっかりキャッチしたファーストDaikiは、すぐにバックホーム!

キャッチャーRyoの動きも素早く、タッチアウト!

うおぉぉっ!!ダブルプレーーーーー!!!!!


すげーっ!!ピッチャーSatoもファーストDaikiもナイス送球!
そしてキャッチャーRyoもナイスタッチ!!!

次のバッターももセカンドゴロに打ち取りスリーアウト。
なんと2回表は無失点。

しかも、ベンチに戻ってきた選手もファインプレーに大騒ぎ。
うん、良い雰囲気や。ひょっとしたらひょっとするかも…。

いや~、我がKingsの侍達、なんと単純なんでしょう。。。
2回裏の攻撃は気分が乗ったせいか3得点。
(オレはKentaの相手してて見てないけど)

なんと、逆転してるじゃあ~りませんか。

そして次の回も相手の攻撃を無失点でおさえ、その裏は1点追加。

ここで時間切れの試合終了。


おぉぉぉ。。。マジかよ。。。。。

なんてこった、勝っちゃったよ。。。。。

おめでとう、お前たち良い顔してるよ。。。。。

嬉しいやろ?気持ち良いやろ?

お前らすごいんだぞ、本当は。

だからこれからはもっと真面目に練習しろ。

Dsc_0281_r_2

と、言うことで、2戦目にして勝ちました。
本当は、もっと負けて負けて悔しい思いをして欲しかったんですけどね。
勝って勝って勝ちまくって、負けに恐怖を感じることもいいかもね。

今回の2試合、勝ちも負けも経験しました。
緊張した中でのプレーは素晴らしかった。
練習でもある程度の緊張を維持してられたらいいのに。。。

もうすぐ初の公式戦です。
それに向け、Daikiとオレの朝練が今日から始まりました。

20090330fighters

<Daikiの成績>

  打数:2

  安打:1(内野安打)

  四球:1

  三振:1(見逃し)

2009年3月31日 (火)

デビュー戦<つづき>

さてさて、まさかまさかの「つづく」でしたがw

とにかく先発メンバーは、予想通りでした。

1番 ファースト Daiki
2番 ショート Jun2
3番 サード Nao
4番 ピッチャーRyo
5番 キャッチャー Sato
6番 セカンド Sora
7番 ライト E-Dai
8番 センター Syu
9番 レフト Yohey


そして試合開始。Dsc_0205

審判:「集合っ!」

後攻なのでグローブを持って走っていきます。
かっこいいよね~、この瞬間。
「これから戦うぞ!」って雰囲気が出ています。

はじめての試合、すごく緊張しているのが伝わってきます。
選手以上に父兄も緊張していますけどw

各ポジションに分かれボール回しを始めても、緊張のせいか、
まともに投げれないし、ポロポロ落とす。

「1回表が永遠に終わらなかったらどうしよ~~~」

なんて思いながらも順調に試合は進行しました。
なんと、1回表は1失点のみ。
これも緊張から生まれるミスでの失点やな。

そして、1回表が終わり、とうとうDaikiの打席。Dsc_0216
ハッキリ言ってバッティングは上手くないんです。

でもDaikiは期待に応えて、カッキーーーーン!と大きめショートフライ。
ショート頭上越えのCチームには難しいフライです。
でもDaikiはアウトになると思い引き返してきました。

「バカッ、走れ走れ!」

ショートが落としたことに気がついて1塁まで走って、
ショートもすぐに拾って1塁送球、
うーん際どいタイミング。。。
おっと、ファースト落としたあぁぁぁぁ!!!

で、2塁まで行きました。

そして、いつの間にか3塁まで来てて、4番のヒットでホームイン!
やた!いきなり同点や!

そのまま1回が終わり、2回も両者得点なし。
そして、魔の3回表。


完全に集中が切れました。

歩かせるわ、走らせるわで一挙5失点。
でも、5失点で止めた。

最終回は1点返し、結果6-2で負けました。

うん、よくやったよくやった。
初めての試合にしては上出来や。
もっと惨敗すると思ってたし。

それにしても、ちゃんと野球になってたのには驚いたな~。
9人中8人が低学年やのにね。

20090330wins_2




<Daikiの結果>
   打数:2
   安打:1

デビュー戦

さてさて、先日行われた練習試合の結果です。

当日は2試合ありましたが、先ずは我がCチームのデビュー戦です。
相手はWさんです。(ちなみにうちはKingsです)

試合会場に到着し、勝手にキャッチボールなど始めちゃったおかげで、
試合前の練習はしていません。
でも皆の顔つきがいつもと少し違いましたねぇ。
緊張してるんやなぁ~。

今だから言いますけど、笑っちゃいました。

そして、適当にキャッチボールの相手をしていると、
ふと寄って来たDaiから衝撃の連絡が。。。

「ピッチング練習しとけってコーチに言われた。。。」

えっ?なに?投げるの?
だってさ、この前まで1年間ずっとセカンドの練習してきたやん。
それが最近になってファーストかも知れんってなって…。

え?あ、そう?4番手か…。なーんや。。。

ホッとしたような、残念なような。。。

でもそりゃそうだ。
なんてったってうちのエースは6年生相手にバッタバッタと三振の山を
築くことができるスーパー3年生やし。


で、前置きが長くなってしまいましたが、
選手たちにとって、試合よりも緊張する瞬間を迎えました。
なぜかみんな半笑い。

そう、メンバー発表です。Sany0001

練習で紅白戦などもしているので大体の予想はついていますが、
ちゃんと聞くまで分からないし、安心もできませんからね。

監督:「えーっと、今日の先発メンバーは、…」

皆:ゴクリ…

監督:「1番ファースト、Dai!」

やったー!!!試合に出れるー!!!!!
ホンマにトップバッターやー!!!オレ、イチローやーーー!!!!!

とは言ってませんが、心の中はそんな感じでしょ。
まずは、レギュラー獲得おめでとう。

とにかく頑張れ!
元気一杯負けて来い!

でも2安打したら好きなもの食わせてやるぞw


つづく

2009年3月30日 (月)

新Cチームも始動!

とうとう始まりましたよ。
待ちに待った新Cチーム。
本来、Cチームと言えば4年生中心なのですが、うちのチームの新4年生は1人しかいません。
だから新3年生と新2年生が中心のチームになっています。

ちなみにDai(長男)は新2年生。
野球嫌いな家庭に生まれながらも、孤軍奮闘し見事に父親を野球好きに仕上げました。
ま、強敵は母親でしょうけどね。

話は逸れましたが、新チームで初試合をしたんですよ。
雨やインフルエンザで2回も流れた念願の初試合です。
毎日天気予報を見ながら楽しみにしていたのは、うちだけじゃないでしょうw

結局2試合しました。
もう最初から最後までドキドキでした。

結果はまた後で書きます。(仕事中なのでw)